まともなクレカサイト
※当サイトは「クレカを考察してみた。」に移行しました。

【悲報】2018年、楽天カードがnanacoチャージ完全終了

最終更新日:2018/04/10

2018年楽天カードがnanacoチャージ完全終了

2018年4月、ANA JCB プリペイドカードからnanacoのチャージが禁止に。

2017年に楽天カードからのnanacoチャージはポイント付与対象外になりましたが、
まだANA JCB プリペイドカード経由で1%還元にできました。
しかし、それも2018年4月20日に禁止に。

もう楽天カードでnanacoチャージができません・・・

リクルートカードも電子マネーチャージを改悪し、
月のポイント付与上限が3万円となった。

これにダメージを受ける人はかなり多いだろう・・

リクルートカード一択に

nanacoチャージはリクルートカードが最後の頼み

まだリクルートカードは1.2%還元継続中!

2018年に「月3万円まで」となりましたが、
ほとんどの人は問題ないだろう。
nanacoに集中して使い、Edyは楽天カードでやるのが良い。
キャンペーンで1%~1.5%によくなります。

これがリクルートカードの売りでもあるので、
改悪すれば存在価値がかなり低下。
おそらく、そう簡単には禁止にしないはず。

もうnanacoはダメかもしれない

Yahoo! JAPANカードもnanacoチャージ改悪

nanacoチャージは改悪が続いています。

昔は山ほどあったのに、
今はリクルートカード東急カードエディオンカードしかない。

後者2つは年会費が有料なので、
nanacoのために持つことは不可能。
実質はもう「絶滅寸前」です。

もう1年後には還元率0.5%。
そう思っておくのが良いだろう。

0.5%になったら

nanacoチャージの還元率が最高0.5%になったら、セブンカードプラスが輝く

セブンカードプラスがオートチャージ対応で便利。

還元率が0.5%のクレジットカードしか無くなったら、
nanacoオートチャージができるセブンカードプラスが良い。
税金でもなんでも、残高を気にせず支払いができます。

本家のクレカなのに、0.5%還元という中途半端な存在ですが、
改悪が続いた最後には、「優秀なカード」として認められるだろう。

さて、2019年はnanacoチャージ問題はどうなるか?
注視していきたい。

--

以上、「【悲報】2018年、楽天カードがnanacoチャージ完全終了」でした。

  • 1:名前:クレジットカード : 2018/12/12(水) 15:26:02

    nanacoはリクルートカード以外の選択肢は無い。
    還元率1.2%、実質Pontaポイントが貯まるので、
    メインカードとしても十分使えます。
    本当におすすめできるので、検討を。

  • 2:名前:クレジットカード : 2018/12/12(水) 15:27:37

    ただやはり、毎回のチャージは面倒。
    オートチャージのセブンカードプラスでも良いとは思う。
    年間利用額が少ない人は十分だろう。

    ただ、nanacoは税金やプリペイドカードも買えるので、
    やはりリクルートカードは欲しい。
    QUOカード技が特に凄いです。

【悲報】2018年、楽天カードがnanacoチャージ完全終了end
見てほしい