まともなクレカサイト
※当サイトは「クレカを考察してみた。」に移行しました。

クレジットカードの更新の際にやっておくこと3つ

最終更新日:2018/07/03

クレジットカードの更新の際にやること3つを知る

クレジットカードは5年ごとに更新があります。
自動的に新しいカードが送られてきますが、
やらなければいけないことがあります。

いつかはやることなので、暗記しておきたい。

その前に

年会費無料のクレジットカードは使わないと更新してくれない

年会費無料のカードは全く使っていないと更新されない。

入会特典目当てに申し込み、
全く使っていない場合は更新されません。
そんなの客じゃない!と、切られます。

したがって、更新された新しいカードが100%送られてくるわけではない。
どんなクレジットカードも1年に1度は使っておこう。

1、通販サイトの登録変更

クレジットカードの更新後は通販の登録情報変更を

クレジットカードが更新されると、「有効期限」が変わります。

通販で利用するには有効期限の入力が必須なので、
更新後に全て変更しないといけません。
購入する都度変更してもいいですが、
個人的にはすぐ変更することをおすすめします。

ついうっかり忘れて、「利用できません」と怒られます。
セキュリティコードも変わっているので、ここも要注意。

2、自動継続しているサービスの確認

クレジットカード更新の際は、自動継続サービスに要注意

毎月自動的にクレジット払いをしているサービスがある場合、
こちらも有効期限を変更しないといけません。

ただ、公共料金、プロバイダなどは自動的に有効期限が更新されます。
心配なのはマイナーなサービス。
自動的に更新されず、「利用できません!」と怒られるかもしれない。

心配であれば、電話で確認しておこう。

3、古いカードの電子マネーを使い切る

クレジットカード更新の際は、古いカードの電子マネーを使い切ること

一体となっている電子マネーは別の番号になります。

したがって、古いクレジットカードに一体となっている
電子マネーは使い切らないといけません。
SuicaやEdyなど、捨てる前に必ず使い切る。

ここでよくあるミスが「オートチャージ」。
必ずオートチャージ設定をOFFにして使いきろう。

これは解約時も同じです。
忘れると悲惨なので要注意。

--

以上、「クレジットカードの更新の際にやっておくこと3つ」でした。

  • 1:名前:クレジットカード : 2018/12/11(火) 09:14:33

    クレカ一体型の電子マネーはここがデメリット。
    更新の度に登録しなおさないといけない。
    ただのカードの電子マネーならずっと同じ番号で使い続けられます。

クレジットカードの更新の際にやっておくこと3つend
見てほしい