まともなクレカサイト
※当サイトは「クレカを考察してみた。」に移行しました。

個人経営店舗がクレジットカード払いを嫌がる2つの理由

最終更新日:2018/03/26

個人経営の店がクレジットカードを嫌がる理由

クレジットカードは嫌がられる。

個人経営の店なんかは、まさにそう。
嫌がる店よりも使えない店の方が多いですが。

そもそも何で嫌なのか?を簡単に説明します。

理由1、手数料がかかる

クレジットカード払いはカード会社へ支払い手数料が高い

カード会社に4%以上の手数料を払わないといけない。

例えば、手数料4%で1万円の売上があった場合、
カード会社に400円払わないといけません。
利益が4%減です。これはメチャクチャ痛い。

経営が厳しい個人経営の店はそら嫌がります。
頼むから現金で!だろう。
なお、電子マネーも手数料がかかるので同じ。

カード会社、決済システム、規模、業種、により手数料は変動します。
個人経営はサービスなく、標準の率が適用されます。

補足:カード払いの方が売り上げが上がる

クレジットカード払いを導入すると売上げが上がるらしい

クレジットカードOKにすると、売上が伸びる。
だから手数料を払ってでも導入せよ!

というのがカード会社の売り込みです。
確かに、自分もカード払いできる居酒屋があれば、そちらを選ぶ。
特に、幹事はポイント分丸儲け。

だから導入しているところはしています。
でも、嫌がります。

情報:手数料をお客から取るのは契約違反

クレジットカード払いの手数料を客に請求するのは違反

「カード払いだと5%アップします」というのは違反です。

もしそんなことを言ってきた場合、
支払わずにすぐカード会社に電話して訴えましょう。
ペナルティーとしてこの店はクレジットカードが使えなくなります。

さすがにお店側も訴えるとなると、値上げは止めざるを得ない。
どうせ二度と来ないのだから、戦うべきです。
ただ、「現金価格」と、問題ないようにしている場合もあるので注意。

「うちは契約できないんですよねぇ」と言う店、
過去に契約違反している可能性大です。

理由2、脱税できなくなるため

現金払いは脱税しやすい

現金は脱税がしやすいので、悪い経営者は好みます。

手数料だけじゃなく、脱税にも現金は有利。
カード決済だと、ごまかしができません。
現金なんてもう、それはそれは適当なもので・・・

そういう理由もあると知っておきましょう。
今もまだ、財布に多額の現金は必要です。

--

以上、「個人経営店舗がクレジットカード払いを嫌がる2つの理由」でした。

  • 1:名前:クレジットカード : 2018/12/11(火) 15:52:20

    スマホ決済は手数料が安いので、
    どんどんと導入が進みそうです。
    ただやはり、前払いなのでクレジットのような便利さはない。
    お店側としては全く同じ恩恵は受けられないだろう。

  • 2:名前:クレジットカード : 2018/12/11(火) 15:58:15

    そこそこ大きい店舗でも導入していないところが多い。
    これを見るに、そう簡単にはキャッシュレス社会にならないだろう。

    スマホ決済も電子マネーみたいに乱発しそう。。

個人経営店舗がクレジットカード払いを嫌がる2つの理由end
見てほしい