まともなクレカサイト

JRE CARD(カード)とVIEWカードの違いを解説する

最終更新日:2019/03/04

JRE CARDはVIEWカードと何が違うのか?
その疑問をさくっと無くす記事。

違いは3つあります。

1、家族カードの作成可否

JRE CARDとVIEWカードの違い:家族カードの作成可否

ビューカード系は家族カードを作れるのはプロパーカードのみ。
提携カードは一切作ることができません。

ただし、家族カード1枚追加ごとに年会費477円+税かかるので、
作るのはあまりお得ではない。
WEB明細でのボーナスポイントも本会員のみです。

夫婦が個別に申し込む方が絶対に良いので、
どうしても家族カードを作れない人だけが「ビュー・スイカ」カードを選びます。

2、駅ビル特典の有無

JRE CARDとVIEWカードの違い:駅ビルの特典の有無

駅ビルでのポイントアップはJRE CARDのみの特典。

アトレ、エクセル、フェザンなどの駅ビルの特典はJRE CARDだけ。
昔は駅ビルごとに個別のクレジットカードがあったのですが、
全てJRE CARDに統合され、これ1枚で全対応になりました。

なお、宣伝では「3.5%還元!」となっていますが、
あれは「約」です。税抜価格でのポイント計算なので、実際は3.26%。

また、ルミネは「ルミネカード」があるので、
JRE CARDでは何も特典がありません。

3、ボーナスポイントの有無

JRE CARDとVIEWカードの違い:ボーナスポイントの有無

プロパーカードは特典が乏しいので、
補う目的として年間利用額に応じたボーナスポイントがあります。

しかし、なんとも少ないボーナス。
還元率はちょっとしか上がらないので、メインカードでは使えません。

ビューカードをメインで使うなら、
どこでも還元率1%になる「ビックカメラSuicaカード」がおすすめ。
こちらは年会費が無料になるので、2枚目として持つのも良い。

まとめ

JRE CARDは「ビュー・スイカ」カードのほぼ上位互換。

駅ビル特典が上乗せされたビューカードと考えて良い。
クレカマニアとしても、申し込むなら絶対にJRE CARDです。
関東に住む人なら持っておくべきクレジットカードだろう。

最後にビューカードの種類一覧を。

カード名 年会費
(税抜)
還元率 特典
「ビュー・スイカ」カード 477円 0.5% 家族カードを発行できる。
定期券機能を付けられる。
「ビュー・スイカ」リボカード 無料 0.5% リボ払い専用
ビックカメラSuicaカード 年一度の
利用で無料
1.0% ビックポイントも0.5%貯まる。
ビックカメラで現金同率ポイント付与。
ルミネカード 953円 0.5% ルミネでいつでも5%オフ
JRE CARD 477円 0.5% アトレなど駅ビルで約3.2%還元
大人の休日倶楽部ミドルカード 2384円 0.5% 長距離切符が5%オフ
大人の休日倶楽部ジパングカード 3967円 0.5% シニア限定。長距離切符が30%オフ
ジェクサービュースイカカード 無料 0.5% ジェクサー会員限定
ビューゴールドプラスカード 10000円 0.5% ゴールドカード。保険等が充実。

登場したばかりなので、今は入会特典が美味しい。
今が最高の特典だと思うので、できるだけ早めに申し込もう。

JRE CARD(カード)とVIEWカードの違いを解説するend
見てほしい