まともなクレカサイト
※当サイトは「クレカを考察してみた。」に移行しました。

60回、100回払いも!クレジットカード会社による分割払いの違いについて

最終更新日:2018/04/25

60回・100回払いも! カード会社による 分割払いの違い

クレジットカードは分割払いができるのがメリット。
デビットカードはできず、信用を得た特権です。

そんな分割払い、カード会社によって違うので知っておきたい。

大手カード会社別分割払い回数

 カード会社 最高回数 実質年率
イオン銀行 60 12.42
三井住友カード 24 14.75
楽天カード 36 15
オリコ 24 15
三菱UFJニコス 24 15
ビューカード 24 15
JCB 24 16.37
クレディセゾン 不可能

イオンカードは60回払いまで対応している。

それでいて実質年率も安く、
分割払いするなら最高に良いクレジットカードです。

あとは大差ないですが、「クレディセゾン」は分割払い非対応。
種類によっては対応していますが、ほとんどができません。
ここは初心者は無くところだろう。

60回払いは素晴らしいですが、
5年間に渡る支払いはおすすめできない。
家電量販店など、個別のローンの方が金利が安いのでそれを狙おう。

100回払いもある

ディオンカードは分割払いが100回払いまで対応している

家電量販店のクレジットカードは、
その家電量販店限定で分割払い回数が増える。

例えば、「エディオンカード」は100回払いができます。
ジョーシンカード」は96回払い。
ゴールドポイントカード・プラス」も60回払いができる。

家電やパソコン等で長期分割払いをしたいなら、
家電量販店のクレジットカードを検討したい。
定期的に金利が低くなるキャンペーンもやっており、とてもお得。

安くはない

クレジットカードの分割払いは実質年率が高いです。

前述した通り、個別の信販会社のローンが通るのであれば、
それを使った方が倍以上安くなる。
自動車なんかも金利2%とかが普通です。

クレジットカードは基本的には一括払い。
分割は最後の手段と考えた方が良いです。

--

以上、「60回、100回払いも!クレジットカード会社による分割払いの違いについて」でした。

  • 1:名前:クレジットカード : 2018/12/11(火) 09:43:51

    ちなみに、実質年率15%であれば、カードローンと同じです。
    カードローンで借りて一括払いしても、結果的には同じ。
    その方が融通が利くので、個人的にはおすすめできます。

    微妙なところは、分割払いやリボ払いにしたらポイントアップする場合があること。
    上手く使えばかなりお得なので、キャンペーンは要チェックです。

60回、100回払いも!クレジットカード会社による分割払いの違いについてend
見てほしい