まともなクレカサイト
※当サイトは「クレカを考察してみた。」に移行しました。

東急カードの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2018/04/16

東急カードは東急利用者は検討したいクレジットカード

年会費 1000円+税 初年度無料
還元率 基本1.0%
東急百貨店で1%~10%
ポイントの種類 TOKYU POINT
ポイント付与 東急系列は利用毎に貯まる。
一般加盟店は月の利用総額から1%
有効期限 2年~3年
ETCカード 有:無料
家族カード 有:300円+税
国際ブランド VISA,MasterCard
公式HP 東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード)

解説

年会費について

東急カードの年会費は有料です

初年度は無料ですが、以降は必ず1000円+税かかります。
ただ、還元率も高く特典も多いので、
使いこなせれば気にしなくても良い金額。

東急カードのETCカードは無料です

ETCカードは完全無料。
これはとりあえず申し込んでおこう。

基本のポイント付与について

東急カードのポイント付与について

還元率は本来は0.5%ですが、
WEB明細に登録すると2倍の1%になります。
したがって実質1%として考える。

貯まるポイントは独自の「プレミアムポイント」。
これは「TOKYU POINT」に交換して使うので、
ほぼ「TOKYU POINT」と思ってください。

東急カードはPASMOオートチャージでも1%還元

PASMOチャージで1%還元。
これはどのクレジットカードよりも高い数値です。
他は0.5%なので、倍も違う。

ただ、年会費が1000円+税かかるので、
PASMOチャージ目当てで持つのは損です。

PASMO定期券でも1%還元。
通勤・通学で使う人は持っておきたい。

東急カードは電子マネーチャージでも1%ポイント還元

Edy、nanacoでも1%ポイント還元。
鉄道・百貨店系カードとしては破格のスペックです。
nanacoはMastercardブランド限定なので、Mastercardを選ぶべし。

PASMOと電子マネーの活用だけでも、
年会費の元を取れます。

東急百貨店での特典について

東急カードの東急百貨店での特典について

東急百貨店では、基本は3%還元。
東急百貨店での年間の利用額により、最高で10%になります。

食料品やセール品が1%還元固定なので、
庶民はあまり活用できない特典でもある。

飲食店はポイント付与対象外なので、
年間利用額を上げる場合は使い、
3%で良いなら楽天カードなど、他のクレジットカードで支払いたい。

東\百貨店でのその他特典

東急百貨店にて年間50万円以上使うと、
駐車場割引などの特典が追加されます。
一応知っておこう。

最後に東急百貨店の一覧を。

<東急百貨店一覧>

渋谷・本店
渋谷駅・東横店
渋谷ヒカリエ
ShinQs
HINKA RINKA 銀座
吉祥寺店
たまプラーザ店
さっぽろ店
町田東急ツインズ イースト1階
日吉東急アベニュー 本館1階 食品売場
二子玉川 東急フードショー
レ・シ・ピ青葉台
武蔵小杉 東急フードショースライス
mikke 東急プラザ蒲田店
東急百貨店ネットショッピング

その他東急系店舗の特典について

東急カードの東急ストアでの特典

東急系のスーパーである「東急ストア」「プレッセ」でも高還元率。
使えば使うほど還元率が高くなります。
月に10万円使えば、還元率は約4%。素晴らしい。

東急カードの東急プラザ、東急ハンズでの特典

東急〇〇では、おおよそポイントアップがあります。
中でも東急プラザは高く、3%。

他にもいろいろあるので、
詳しくは公式HPの優待店舗一覧を。

東急系施設の特典について

東急カードは東急のラウンジを使用できる

どちらも誰でも使えますが、特別待遇があります。

渋谷ちかみちラウンジ」は渋谷駅地下1階にあります。
ShinQs Switch Roomは渋谷ヒカリエにあります。

この特典はほぼこの東急カード限定。
ANA・JAL東急カードではダメです。

カードを作ったら一度は行ってみよう。

東急カードは東急ホテルズの会員に無料でなれる

東急ホテルズの会員カード機能付きにできます。
財布のカードを減らせて、かつ無料なのでお得。
利用にてポイント付与などの特典があります。

詳しくはこちらを。
東急コンフォートメンバーズ特典

東急カードは東急のVIP会員になれる

東急グループのサービスを利用している人は、
無料で「東急ロイヤルクラブ」に入会できます。
特典はかなりお得なので、狙える人は狙うべし。
詳細はこちら「東急ロイヤルクラブとは

これもこの東急カード限定で、
ANA・JALの東急カードは対象外です。

その他特典

東急カードはジュニアPASMOへのオートチャージもできる

子供向け、企業・学校向けのPASMOでオートチャージが可能になります。
還元率は子供向けが0.2%、企業・学校向けが0.5%と下がりますが、
便利なので活用したい。

これもこの東急カード限定。
ANA・JAL東急カードはできません。

他の東急カードとの比較

東急カード比較表

東急カードのこの3つがありますが、
一番お得なのは実質年会費無料の「ANA東急カード」です。
ただ、東急のVIP会員、ラウンジ優先利用などの特典は無い。

そのため、人によりおすすめの東急カードは違います。
この比較表をや公式HPを見て検討を。

まとめ

東急を利用するならどれかは持ちたい。

PASMOオートチャージは便利で、
家族全員がオートチャージできるので、持っておきたいカードです。

ネックとなるのは年会費の1000円+税ですが、
PASMO、電子マネーチャージ、定期券購入などで、
ほぼ元は取れる仕様になっています。

そして、東急系店舗の特典を使えば、確実に上回る。
いざ利用する時に東急カードが無いと精神的に良くないので、
やや不安があってもとりあえず持っておくことをおすすめします。
初年度は無料なので、試してみるのが一番。

公式HP:東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード)

東急カードの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい