まともなクレカサイト
※当サイトは「クレカを考察してみた。」に移行しました。

KIPSクレジットカードの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2017/11/09

KIPSクレジットカードは近鉄グループでお得なクレジットカード

年会費 1250円+税 初年度無料
※年5万円以上の利用で無料
※KIPS PiTaPaを申し込めば、年一度の利用で無料
還元率 基本0.5%
近鉄百貨店で1%~10%
ポイントの種類 KIPSポイント
ポイント付与 基本:利用毎税抜200円ごと1ポイント
ETCカード 有:JCBとUCは無料。他は有料
家族カード 有:有料 初年度無料
本会員が無料になれば無料
付帯保険 ショッピング保険(海外のみ)
国際ブランド VISA,MasterCard,JCB(発行会社により違う)
公式HP KIPSカード

解説

年会費について

KIPSクレジットカードの年会費について

年会費は初年度は無料ですが、以降は1250円+税。
しかし、オプションのKIPS PiTaPaを年一度使えば無料。
KIPS PiTaPaが無くても、年5万円利用で無料なので、実質無料のクレカです。

KIPSクレジットカードのETCカードについて

KIPSクレジットカードは発行会社が多数あり、
なかでもJCBと三菱UFJニコスがPiTaPa特典が多くお得。
JCBを選ぶと完全無料なので、ETCカードが欲しい場合はJCB一択です。

ただし、還元率は低いので、メインとして使うのには適さない。

基本のポイント付与について

KIPSクレジットカードのポイント付与について

基本の還元率は0.46%。
ポイント付与の計算が「利用毎」と「税抜」なので、最低レベル。
近鉄系以外で使うのは大損です。

貯まるポイントは近鉄の「KIPSポイント」。
近鉄系店舗にて1ポイント1円で使うことができます。

近鉄百貨店でのポイント付与について

KIPSクレジットカードの近鉄百貨店でのポイント付与について

近鉄百貨店では基本は5%還元。
一年間の利用額により、翌年は最大10%還元となります。

ただし、食品・セール品・飲食店は1%還元固定。
悪くはないので使っていこう。
コツコツ使って、年間30万円達成すればお得です。

ポイント対象外も存在するので注意。

KIPSクレジットカードの近鉄百貨店でのポイント対象外について

〇〇物産展や、特別な優待商品などは対象外です。
やや曖昧なので、イベントは常に確認してから使うようにしたい。

年間利用額にはカウントされますが、
5%還元で良い場合は他社のクレジットカードで払う方がお得。

<ポイント付与対象外一覧>

商品券
ギフトカード
たばこ
証券類(はがき・切手・印紙類)
地金類(プラチナ等の地金・小判・コイン類)
値引商品(ご優待セール等)
催事場での食品物産展
一部ブランド品
各種リフォーム・修理・補正代
各種ギフト券
各種サービス(美容室・写真室等)
荷具
送料
税金
一部の商品および大型ショップ・専門店
その他各店が指定した商品

これらはお覚えておこう。
もしくはブックマークを。

KIPSクレジットカードは近鉄百貨店でポイントアップする期間がある

年に数回、ポイントアップする期間があります。
特に急がないものは、この日まで待って買うのが良い。
ただし、10%還元の人は残念ながら、12%にならず10%のままです。

近鉄百貨店の公式HPで案内があるので、
都度確認しておこう。

その他近鉄系での特典について

KIPSクレジットカードのそのた近鉄系でのポイントについて

近鉄系の施設・店舗ではポイントが2倍以上、
もしくは割引の特典があります。
対象施設が多いので、公式HPを確認ください。
KIPSカード優待一覧(公式)

KIPSクレジットカードは近商ストアなどではお得ではない

近鉄系のスーパー「KINSHO・ハーベス」でのポイントアップ等はない。
無料のポイントカードは現金払い専用なので、
カード払いでもポイントを得られるという点が特典になります。

KIPS PiTaPaについて

KIPSクレジットカードはPiTaPaにて乗車ポイント付与

KIPSクレジットカードは専用の「KIPS PiTaPaカード」を申し込めます。
普通のPiTaPaと同じですが、利用にてKIPSポイントが貯まります。
支払いはKIPSクレジットカードの請求と合算。

PiTaPaは乗車料金の割引があり、
その割引から約0.5%のポイント還元となるので一番お得。
近鉄をメインで使う人ならICOCAよりも良いです。

KIPSクレジットカードはジュニア・キッズのPiTaPaも作れる

子供分のPiTaPaも申し込めます。
これらの利用でもKIPSポイントが貯まるので、
家族全員でしっかり貯めていきたい。

後払い式なので、チャージを気にしなくて良いのが楽です。

まとめ

近鉄百貨店利用者は持って良し。

年会費は実質無料なので、持っておいて全く損はない。
特典分が丸々お得になります。
1ポイントから使えるので、たまにしか使わなくても問題ない。

万一、着物などを近鉄百貨店で買い物することになった場合、
持っていないと精神的に良くない。
普段からよく行く人は間違いなく持った方が良いです。

近鉄系施設・店舗の優待も豊富なので、
関西の人は持っているといつか役立ちます。

--

公式HP:KIPSカード

KIPSクレジットカードの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい