まともなクレカサイト
※当サイトは「クレカを考察してみた。」に移行しました。

高島屋カードの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2017/11/09

高島屋カードは高島屋で8%還元となるクレジットカード

年会費 2000円+税 初年度無料
還元率 基本0.5%
高島屋では8.0%
※食料品・薬品、食堂・喫茶、特価品は1.0%
※分割払い・ボーナス払いは1.0%
ポイントの種類 タカシマヤのポイント
有効期限 4カ月~16ヶ月
ポイント付与 高島屋:税抜100円ごと8ポイント
※1.0%のものは1ポイント
その他:利用毎税込200円1ポイント。
電子マネーチャージ Edy:可
nanaco:可
モバイルSuica:可
それぞれ税込200円ごと1ポイント(0.5%)
ETCカード 有:無料
家族カード 有:無料
付帯保険 海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
国際ブランド VISA
公式HP タカシマヤカード

解説

年会費について

高島屋カードの年会費について

年会費は初年度のみ無料となり、
以降は2000円+税かかります。
家族カードは無料なので、夫婦で持っておきたい。

高島屋カードのETCカードについて

オプションのETCカードは完全無料。
還元率が低いので、メインとして使うのは損。
予備として持っておく程度が良い。

基本のポイント付与について

高島屋カードのポイント付与について

基本の還元率は0.5%と低い。
メインで使うのはもったいないので、ほぼ高島屋専用です。

貯まるポイントは高島屋のポイント。
2000ポイント貯めると商品券に交換可能。

が、有効期限が最長16か月しかないので要注意!

高島屋ポイントの有効期限の説明図

有効期限は「ポイント積み立て期間+4か月」となります。
上記例だと、7月に得たポイントは12月に失効します。
しっかりと積み立て期間を意識し、終わった4か月の間で交換したい。

2000ポイント単位の交換なので、
3999ポイントなら、2000円の商品券しか貰えない。
この場合、還元率は半分になります。

「積立期間終了後の2,000ポイント未満、
および交換期間終了後のポイントは無効となります。
繰り越しはできませんので、ご了承ください。」

これはかなりひどい仕様。

高島屋でのポイント付与について

高島屋カードの高島屋でのポイント付与について

基本は8%還元なのですが、
食料品・セール品・飲食店は1%固定。
1%なら、楽天カードなど他のクレカでも変わらない。

したがって、高島屋カードは定価の衣料品や雑貨類がお得と考えたい。
それらを買って年会費の元を取る。
ポイントはほぼ1年で2000ポイント貯めないといけないので、
一年間で2万5千円は使うことが絶対条件。

高島屋カードの高島屋でのポイント付与対象外商品について

書籍や高級ブランド品はポイント付与対象外。
高島屋カードで払う意味は全く無いので、
他社のクレジットカードで支払いたい。

<ポイント付与対象外商品一覧>

タカシマヤ商品券、タカシマヤギフトカード
全国百貨店共通商品券、百貨店ギフトカード
各種ギフト券(お仕立て券、グルメギフト券、ビール券など)
プリペイドカード(図書カード、テレホンカードなど)
書籍
たばこ
荷具・送料
ルイ・ヴィトン、ブルガリ、カルティエ、エルメス、ティファニー、シャネル、パテック・フィリップなどの一部ブランド品
キャッシングサービスのご利用
お買物券でのお買上げ
その他タカシマヤ各店が指定するポイント除外商品
タカシマヤ店内での1商品あたり100円未満のご利用
年会費
タカシマヤ以外での100円未満のご利用 ※タカシマヤカード《ゴールド》の場合
タカシマヤ以外での200円未満のご利用 ※タカシマヤカードの場合

これらは他社のクレジットカードで払おう。

高島屋カードは高島屋で2%ポイントアップする期間がある

年に数回、10%還元になる期間があります。
10%なら、2万円使えば年会費の元を取れます。
特に急がないものは、この期間まで待ちたい。

関連施設でのポイントについて

高島屋カードの高島屋関連施設でのポイント付与について

高島屋系のショッピングセンターでは3%還元。
これで年会費の元を取るのは大変なので、
あくまでも補助的な特典と考えたい。

<施設リンク>
玉川高島屋S・C
柏高島屋ステーションモール
流山おおたかの森S・C
タカシマヤ キッズパティオ
セレクトスクエア

特別ご優待について

高島屋カードの特別ご優待会について

高島屋カード会員専用のセールがあります。
こちらはポイント付与ではなく、割引での還元。
対象商品だけですが、この日に買う人なら簡単に元を取れます。

旅行傷害保険について

高島屋カードの旅行傷害保険について

旅行傷害保険は海外・国内が利用での付帯となります。
金額はかなり低く、とても使い物にならない。
還元率も低いので、このカードで払う必要はない。

まとめ

高島屋で8%対象商品をよく買うなら持ちたい。

とりあえず、年間2万5千円で年会費の元を取れるので、
それが余裕と思う人なら持った方が良い。

高島屋は無料のポイントカードもあるので、
厳しいと思う人はそれと楽天カードなどを合わせて使うのも良い。

ネックはやはり、ポイント交換が2000ポイント単位ということ。
年会費が無料の代わりに還元率が低い「タカシマヤカードセゾン」はダメ。
持つなら8%で貯まるこちらのカードです。

初年度は無料なので、とりあえず持っての様子見も良いだろう。

公式HP:タカシマヤカード

高島屋カードの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい