まともなクレカサイト
※当サイトは「クレカを考察してみた。」に移行しました。

エディオンカードの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2017/11/09

エディオンカードは長期保証が魅力のクレジットカード

年会費 980円
※エディオンで年間税別15万円以上購入すると無料
還元率 基本:1.0%
エディオンでは0.92%~4.6%
ポイントの種類 エディオンポイント
ポイントの付与 一般加盟店:利用毎税込100円1ポイント
エディオン:利用毎税抜100円1~5ポイント
※1ポイント1円相当
ポイント有効期限 2年
ETCカード オリコ:無料
セディナ:発行手数料1000円
家族カード 有:無料
配偶者カードという名で、配偶者のみ発行可能
国際ブランド VISA、Master、JCB
公式HP エディオンカード

解説

年会費について

エディオンカードの年会費について

年会費は980円+税とややお高い。
しかし、年間で税別15万円使うと無料に。
さすがに毎年は狙えないので、高額商品を購入したら、
ついでに年会費も無料になる、と考えておこう。

エディオンカードのETCカードはオリコなら無料

エディオンカードは発行会社が「オリコ」と「セディナ」とあり、
オリコならETCカードは完全に無料になります。
オリコであれば作っておこう。

基本のポイント付与について

エディオンカードのポイント付与について

エディオンカードは還元率1%!
ただ、利用毎の計算となるのでやや下がります。
メインとして使えますが、いまいち。
ポイントもエディオンでしか使えない。

エディオンカードは電子マネーチャージでもポイント付与

電子マネーチャージは全てポイント付与。
本当か?と電話しましたが、「サービスとして付与しています」との回答。
実際所有しているので試してもいいですが、
リクルートカードがあるのでわざわざはやっていない。

ということで、楽天カードやリクルートカードを持っていない人は、
エディオンカードでどんどんチャージしよう。

エディオンでのポイント付与について

エディオンカードのエディオンでのポイント付与

エディオンでは「税抜100円ごと」の計算なので、
還元率は1%を下回り、0.92%~4.6%還元に。
したがって、1%還元なら楽天カードの方が良かったりする。

長期保証は支払い方法関係なく付帯するので、
他社のクレカで払っても問題ありません。

消耗品の3%、ゲームソフトの5%はお得なので、
エディオンカードで払おう。

エディオンではEdy払いが一番還元率が高くなる

Edyチャージで1%のポイントが付与されるので、
Edyで払うのが一番お得。
これにより還元率は約1.5%高くなります。

当然、長期保証も付帯します。

長期保証について

エディオンカードの長期保証について

長期保証は「無料で修理」してくれる保証です。
壊れたら家まで来て修理してくれます。
ただ、修理できないものは新品と交換したりと、状況による。

税別で5000円以上の商品が対象。
ほぼ全部ですが、一応は購入の際に確認しておこう。
10年保証は10万円以上のな冷蔵庫とエアコンのみです。

これがエディオンカード最大の特典。
他の家電量販店は「商品ごとに長期保証に加入」ですが、
エディオンカードは「購入した対象商品全て」です。
そのため、長期保証を付けたい人は間違いなくお得。

一度でも使うと年会費をはるかに上回る儲けになる。
ただ、エディオンは商品の値段がやや高め。
その分との見極めは大事です。

楽天市場店などは対象外なので要注意。

分割払い特典について

エディオンカードは特別分割払いの選択が可能

エディオンカード限定で、特別分割払いを利用できます。
表の通り金利も安く、最高で100回(約8年)という凄い回数。
分割払いする人は年会費の元を取れるので、絶対に持とう。

まとめ

エディオンで家電をよく買う人は絶対に持ちたい。

我が家も長期保証でかなり助かってます。
商品価格はヨドバシカメラなどと比べると割高なことが多いですが、
無料修理にて十分元を取れていて、満足。

壊れても良いやつはヨドバシや楽天市場、
洗濯機など壊れやすいのはエディオン、そんな使い分けをすると良い。

上手く活用できればお得なカードです。

公式HP:エディオンカード

エディオンカードの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい