スーツケースまとめ

静音のスーツケース一覧と解説

静音スーツケース

安物は早朝・深夜に転がすと近所迷惑になるほど音量です。
余裕あれば静音型のスーツケースを選びたい。

静音の基本はキャスターの工夫。
ゴムタイヤに、高品質なベアリングを使います。
本体のがたつきの低減にもこだわっています。

安物は「回れば良い」というレベルなので、やかましい。
タイヤが硬かったら大騒音スーツケースと思ってください。

静音スーツケース一覧

静音スーツケース:プロテカ

日本が代表するスーツケースブランドです。
値段はおおよそ5万~7万円。
良いスーツケースが欲しいならこれを選びたい。

公式HPに静音性の紹介動画がありますので、
是非見てみてください。

HP:ACE(プロテカ)

静音スーツケース:フリクエンター

静音にとことんこだわったスーツケースです。
当初はNO.1の静音性でしたが、他社がより進化した現在は不明。
タイヤの交換ができるので、修理が簡単なのが良い。

値段は2万~3万円とやや高め。
種類、デザインが少ないのが難点。

HP:フリクエンター

静音スーツケース:ヒデオワカマツ

一番安い静音型のスーツケースです。
静音性も十分高く、他社と大差はない。
楽天市場の公式ショップで激安だったので私も購入。
初代プロテカと変わらない静音性でした。

HP:ヒデオワカマツ

静音スーツケース:レジェンドウォーカー

サスペンションを搭載した静音キャスターが売りです。
3万円クラスの高級シリーズに搭載。
安いやつでもありますが、「真静」と書いてあるのが一番良い。

HP:レジェンドウォーカー

以上です

高級ブランド全般は良いキャスターを使っているため、
安物と比べるとそこそこ静音性はあります。
ただやはり、静音にこだわったものには勝てない。

私はもう、静音型しか使えません。
それくらい静かで、快適。

ちょっとお金を出してでも、
静音型を買うことをおすすめします。

プロテカはレンタルもできます
こちらを見てみてください。
レンタルスーツケース会社一覧と選び方まとめ