まともなクレカサイト

ANA JCB ワイドカードの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2017/11/09

ANA JCB ワイドカードはANAの多く乗る人向けのカード

年会費 7250円+税
還元率 0.5%
ポイントの種類 OkiDokiポイント
ポイント付与 月の総利用額から1000円1ポイント
(1ポイント5円相当)
ポイント有効期限 2年
ETCカード 有:無料
家族カード 有:1500円+税
付帯保険 国内航空傷害保険(自動付帯)
海外旅行傷害保険(自動付帯)
ショッピング保険(海外)
国際ブランド JCB
公式HP ANA JCB ワイドカード

解説

年会費について

ANA JCB ワイドカードの年会費について

年会費は7250円+税。
VISA・Mastercardは「マイ・ペイすリボ」というサービスに登録すると6275円+税になりますが、
JCBの場合はそういった割引はありません。

ANA JCB 一般カードはETCカードが無料

オプションのETCカードは完全無料。
これは持っておくと良い。

フライトでのマイル付与について

ANA VISAワイドカードのフライトでのマイル付与について

一般カードよりも15%多くマイルが貯まります。
毎年貰えるマイルも1000マイル増えて、2000マイルに。
このあたりはVISAもJCBも同じです。

一般カードとの違いはほぼこれだけなので、
いかに多く乗ってマイルを稼ぐか?となる。

このあたり、計算してみた。

ANA VISA 一般カードとANA VISAワイドカードの比較

航空券に交換(1マイルを4円の価値と仮定)する場合、
東京⇔福岡を4往復するならワイドカードの方が儲かります。

この程度なので、海外ならほぼ1往復でOKです。
よく出張する人はワイドカードが良いだろう。

ポイント付与について

ANA JCB ワイドカードのポイント付与について

JALカードと違い、普通にカード会社のポイントが貯まります。
「JCB」のポイントである「OkiDokiポイント」が貯まる。
これをANAマイルに交換します。

ANA JCB 一般カードのポイントのマイル交換について

ポイントは1ポイントを5マイルに交換できます。
が、手数料5000円+税払えば、10マイルレートで交換できる。
マイルを航空券に交換にする場合は、10マイルコースが基本。

「VISA」「Mastercard」の場合は「6000円+税」なので、JCBは1000円安いです。
ただ、VISA・Mastercardは年会費が1000円安い、

毎年10マイルコースを利用すれば同じですが、
家族カードを作る場合は、家族カードも割引になるVISA・Mastercardが良い。

JCBの場合の10マイルコースを選ぶ基準を知るべく、計算してみました。

ANA JCB 一般カードの10マイルコースを選ぶ基準(航空券へ交換する場合)

280ポイント(28万円分の買い物で得られるポイント)で、
10マイルコースの方がお得になります。
ただ、交換する航空券によりやや上下します。
自分が交換したい航空券を要確認。

ANA JCB 一般カードの10マイルコースを選ぶ基準(ポイントへ交換する場合)

ポイントをマイルにして、さらにマイルをポイントに交換する場合、
1100ポイント以上あれば、10マイルコースでマイルに交換する方がお得です。
ただ、これは非現実的。
ここまで貯められるなら、航空券に交換しよう。

航空券に交換しない場合は、5マイルコースで良いです。
このあたりはJALカードよりも使いやすく、お得。

その他特典について

ANAカードはビジネスきっぷを購入できる

ANAカード会員専用の切符です。
定価となる普通運賃よりも安く、早割ができなかった時に便利。

ANAカードのビジネスきっぷの料金

福岡→羽田でこの程度の値段です。
それでいて、必ずマイル付与が100%なのでお得。
このためだけに持つ価値もあります。

ANAカードは機内販売などが割引になる

ANA好きには良い特典。
限定商品などをよく買う人は持っておきたい。

<リンク>
A-style
ANAスカイホリデー

ANA VISAワイドカードは免税店にて10%オフ

ANAの免税店や売店で割引があります。
ANAカードを持っていない友人分を代わりに購入すれば喜ばれるだろう。

一般カードは免税店は5%オフなので、
10%オフはワイドカードの特典です。

ANAワイドカードはビジネスクラスカウンターを使える

国際線限定ですが、
航空券の種類に関係なくビジネスクラスカウンターを利用できます。

ANA JCB 一般カードはQuicPay+nanacoを使える

これはJCBだけの特典です。
ANAのSkipとQUICPayの機能が付いたキーホルダー型の端末を貰えます。
nanacoと紐づけできるので、nanacoポイントも貯まる優れもの。

これが欲しい場合はJCBを選ぼう。

旅行傷害保険について

ANA VISAワイドカードの旅行傷害保険について

旅行傷害保険は海外・国内航空共に自動付帯。
国内は「航空」なので、空港・搭乗中の怪我等が対象。
そのため、保険としてはあまり良い内容ではない。

海外は自動付帯なので、
医療費等を他社クレカと合算する使い方になるだろう。

まとめ

毎月のようにANAに乗る人でかつ、
QUICPay+nanacoが欲しい場合はこのカードを選ぼう。

簡単に一般カードを上回るので、
ビジネスマンならほぼワイドカードを選ぶことになるだろう。
持っていると、万一の海外出張でも精神的に良い。

ただ、どちらかというと年会費が安いANA VISAワイドカードの方が良い。
ショッピングでもマイルを貯めるなら、
ANA VISAワイドゴールドカード」が良いです。
これらも見ておいてください。

公式HP:ANA JCB ワイドカード

ANA JCB ワイドカードの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい