まともなクレカサイト

シェルPontaクレジットカードの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2018/04/09

シェルPontaクレジットカードはシェルで給油最安値になる

年会費 1250円+税 年一度のシェル利用で無料
還元率 1.0%
ポイントの種類 Pontaポイント
ポイント付与 月の総利用額から100円ごと1ポイント
(1ポイント1円相当)
有効期限 最終加算・利用日から一年(実質無期限)
ETCカード 有:無料
家族カード 有:無料
付帯保険 海外旅行傷害保険(利用付帯)
ショッピング保険
国際ブランド VISA、Mastercard
公式HP シェルPontaクレジットカード

解説

年会費について

シェルPontaクレジットカードの年会費は実質無料です

年会費はシェルで一度カード払いすると無料になります。
金額は関係ないので、1リッターの給油でもOK。
したがって、無料と考えて良い。

シェルPontaクレジットカードはETCカードも無料です

ETCカードは完全無料。
Pontaポイントは1ポイントから使えるので、
ETC専用カードとして使っても全く問題ない。
これはかなりおすすめできる点。

ポイントについて

シェルPontaクレジットカードのポイント付与について

どこで使っても1%還元。
Pontaポイントがどんどん貯まっていきます。
ガソリンスタンド系のクレジットカードながら、
メインとしても使っていける。

シェルPontaクレジットカードは電子マネーチャージはポイント付与無し

ほぼ全ての電子マネーチャージはポイント付与無し。
そのため、還元率1%のカードではありますが、
楽天カードやリクルートカードには劣ります。
「一応メインでも使える」と考えておきたい。

シェルでの特典について

シェルPontaクレジットカードのシェルでのポイントについて

給油でリッターあたり2ポイント貰えます。
したがって価格により還元率が変わり、安いほどお得になる。

給油価格としても、シェルPontaクレジットカードは最安値。
ただ、EasyPayがさらに安くなるところもあるので、
EasyPayと紐づけして使うのが基本。

シェルPontaクレジットカードはEasyPayに紐づけして使うのが基本

他社クレカだとEasyPayを使うと、Pontaポイントは貰えません。
シェルPontaクレジットカードは貰えるので、
最安値からさらにお得になる。

給油としても簡単になるので、
EasyPayはすぐ登録したい。

旅行傷害保険について

シェルPontaクレジットカードの旅行傷害保険について

海外旅行傷害保険のみ付帯。
利用付帯なので、旅行にかかる交通費など、一部を支払うと適用されます。

金額は良くはない。
他社のクレカと比べると、中の下レベル。
他社は自動付帯で治療費用200万円などもある。

ほぼ使うことはないだろう。

まとめ

シェル利用者は持たない理由がない優良カード。

リッターあたり実質3円以上は安くなるので、
シェルで給油するなら持たないと大損。
年会費も実質無料なので、悪い点はほぼありません。

還元率1%でメインとしても使えますが、
どうせメインで使うならリクルートカードの方が良い。
そちらは還元率1.2%でPontaポイントが貯まるので、
シェルPontaクレジットカードを使う理由はほぼ無い。

やはり、シェル目当て、ETCカード目当てで持つカードであろう。

シェルPontaクレジットカードの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい