まともなクレカサイト

P-oneカードの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2017/11/09

P-oneカードは1%キャッシュバックのクレジットカード

1%キャッシュバックのクレカとして一番有名。
ポイントが嫌いな人におすすめですが、
仕様をしっかり理解しないと危険。

基本スペック

年会費 無料
還元率 1.0%
ポイントの種類 無し(自動的にキャッシュバック)
キャッシュバック 利用毎税込100円ごと1円還元
ETCカード 有:発行手数料1000円+税
家族カード 有:200円+税
付帯保険
国際ブランド  VISA、JCB、Mastercard
公式HP P-oneカード

解説

年会費について

P-oneカードの年会費は無料です

年会費は完全無料。
ただし、家族カードは200円+税なので、
家族それぞれが個別に申し込むのが良い。

ポイントを貯める必要がないので、
家族カードのメリットはあまりありません。

P-oneカードのETCカードは有料

オプションのETCカードは年会費は無料ですが、
発行に1000円+税かかります。

さらに、1%キャッシュバックは対象外。
持つ意味は全くないので、絶対に申し込んではいけない。

基本のポイント付与について

P-oneカードの1%キャッシュバックについて

キャッシュバックは、利用毎の金額から計算されます。
小数点以下は切り捨てなので、還元率としては1%を下回る。

P-oneカードは切り捨てが大きいので、1%還元ではない

このように、少額の買い物ほど還元率は下がります。
実際は0.9%ほどのキャッシュバックと思っても良い。

さらにキャッシュバック対象外もあるので注意。

P-oneカードのキャッシュバック対象外一覧

電子マネーチャージは対象外なので、電子マネー技は使えない。
金券類は当然として、前述したETCカードもダメ。
スーパーの「サンリブ・マルショク」は、別に専用カードがあるので対象外。

このあたりは楽天カードなど、別の還元率1%のカードで払おう。

その他の特典について

P-oneカードのレンタカー特典について

大手のレンタカー会社が5%オフ。
電話予約が対象なので注意。
ネット予約の方が安いことが多いので、
至急電話で予約したい場合なんかに活躍する程度。

P-oneカードのロードサービス(有料オプション)について

別途有料のオプションにて、
ロードサービスに加入することができます。
内容はほぼ自動車保険のロードサービス。

他のクレカのロードサービスは「どの車でもOK」に対し、
P-oneカードは「本人所有の車」のみ。
その代わり、内容はかなり良いです。

自動車保険に加入していない人は検討しても良いだろう。

まとめ

ポイントの管理が面倒くさい人向け

何も考えず使うだけで良いので、とても気楽です。
還元率はやや劣りますが、便利さでカバーできる。

気を付けたいのが、ETCカードの仕様の悪さ。。
ETCカードだけを持つなら、「シェルPontaクレジットカード」が良いです。
その2枚があれば上手くやっていけます。

クレカマニア的には、全く必要ないカード。
電子マネーチャージでポイントが付与されたり、
通販でお得になる楽天カードなどを選びます。

公式HP:P-oneカード

P-oneカードの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい