まともなクレカサイト

ECナビカードプラスの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2017/11/09

ECナビカードプラスはかんげんりつ1.1%のクレジットカード

雑誌で「還元率1.3%」とよく書かれていますが、
それは現実的ではないので注意。

基本スペック

年会費 無料
還元率 1.1%
ポイントの種類 ・ECナビマイル
・ECナビポイント
ポイント付与 ECナビマイル:月の総利用額から1000円ごと2ポイント
※1マイル5円相当
ECナビポイント:月の総利用額から1000円ごと10ポイント
※1ポイント0.1円相当
ETCカード 有:発行手数料1000円+税
家族カード
付帯保険
国際ブランド  VISA、JCB
公式HP ECナビカードプラス

解説

年会費について

ECナビカードプラスの年会費は実質無料です

年会費は1500円+税と高いですが、
どこでもいいので年に一度使うと無料になります。
そのため、無料と考えて良い。

ECナビカードプラスのETCカードは有料です

オプションのETCカードは年会費は無料ですが、
発行に1000円+税かかります。

還元率は良いですが、1000円の元を取るのが難しいので、
他の無料のクレカで持ちたい。

基本のポイント付与について

ECナビカードプラスのポイント付与について

ポイント付与はちょっと特殊で、
2種類のポイントが同時に貯まる仕様。

基本は「ECナビマイル」で、
「ECナビポイント」は「ECナビマイル」に交換して使います。
このあたり、ECナビの利用者ならわかる。

付与が1000円ごとの計算になるので、
やや切り捨てが多くなる。
1.1%ですが、1.0%に近くなると考えたい。

ECナビカードプラスでの電子マネーチャージでのポイント付与について

電子マネーチャージは、nanacoもポイント付与。
ただし、JCBブランドのみなので、絶対にJCBを選ぼう。

Edyはダメなので、
Edyもしたい人は「リクルートカード(還元率1.2%)」が良い。

したがって、還元率だけを見るなら、
リクルートカードの方が使いやすく、お得。

ECナビカードプラスの年間100万円利用でのボーナスポイントについて

クレカ雑誌でよく見る「還元率1.3%」は、
年間100万円ちょうど使うことが条件。

メインとして使えば100万円は超えますが、
「ちょうど」というのは難しい。
したがって、還元率1.2%のリクルートカードの方が良いです。

ECナビ特典について

ECナビカードプラスのECナビでの特典について

月に1000円以上使うと、ECナビでの利用回数が1カウントされます。
これにより、ECナビのランクが上がりやすくなる。
特典はこれだけ。

たったの1回分なので、凄い特典とは言えない。

まとめ

ECナビの利用回数を少しでも上げたい人向け

還元率は良いですが、それだけで選ぶカードではありません。
還元率なら基本1.2%の「リクルートカード」が良い。
ECナビカードプラスの1.3%は狙う価値はありません。

悪くはないですが、
クレカマニア的には全く魅力の無いカード。
初めての1枚であれば、絶対にリクルートカードが良いです。

公式HP:ECナビカードプラス

ECナビカードプラスの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい