まともなクレカサイト

エスパルカードの重大な注意点やメリット・特典など

最終更新日:2018/07/04

2018年6月23日に申し込み停止。
JRE CARDに引継ぎされます。

当記事は内容も更新していません。

エスパルカードはエスパルでJREポイントが3倍

年会費 477円+税 初年度無料
※WEB明細登録で実質無料
還元率 一般加盟店:0.5%
Suicaチャージ等:1.5%
ポイントの種類 ビューサンクスポイント
ポイント付与 ビューサンクスポイント:月の利用額から1000円2ポイント
(Suicaチャージ等は6ポイント)
1ポイントの価値 ビューサンクスポイント:2.5円
ETCカード 有:477円+税
家族カード
付帯保険 海外旅行傷害保険(自動)
国内旅行傷害保険(利用)
国際ブランド VISA
公式HP エスパルカード

解説

年会費について

エスパルカードの年会費は実質無料です

年会費は初年度は無料です。
そして、WEB明細に登録すると実質無料になる。
したがって、年会費は気にすることはない。

ビューカードはWEB明細登録で年間600円相当のポイントを貰える

明細の発行が条件なので、
毎月一度はカード払いをする必要があります。
ここだけ注意。

ビューカードのETCカードについて

ETCカードはオプションで申し込めますが、年会費は477円+税。
さすがに大損なので、申し込んではいけない。

ポイントについて

エスパルカードのポイント付与について

エスパルカードは還元率0.5%。
エスパルやSuicaチャージ、切符類以外で使うのはもったいない。
別途還元率1%超えのクレジットカードを持つべし。

エスパルカードはSuicaチャージでは還元率が1.5%になる

Suicaチャージはポイント3倍となる。
一番お得なクレカになるので、Suica利用者は持って損はない。
その他、3倍になるものは下記。

<ポイント3倍対象一覧(JR東日本系のみ)>

乗車券
特急券
回数券
特別企画乗車券
携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
定期券
Suica定期券
Suicaカード
ビューカードによるSuica入金(チャージ)
オートチャージ
モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション(チャージ、オートチャージ、モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券)
JR東日本国内ツアー など

これらはエスパルカードで支払いたい。
どのクレカよりもお得です。

エスパルでの特典について

エスパルカードのエスパルでの特典について

エスパルでは「JREポイント」も合わせて貯まります。
通常のポイントカードの3倍の付与となり、約2.7%還元。
税抜き価格からの計算なので、3%ではありません。

当然ながら、エスパルでは最高の還元率。
それ以外の特典は無いものの、これだけで十分にお得と言えます。

 

Suica特典について

ビューカードはSuicaのオートチャージが可能

Suicaのオートチャージができます。
これはビューカード限定の特典。
ただ、改札限定なので、ショッピングではされません。

その場合はモバイルSuicaでチャージすることになる。

ビューカードはモバイルSuicaが無料

モバイルSuicaの年会費約1000円もタダになります。
これもビューカード限定の特典。
Suicaユーザーはお得すぎて持たない理由がないほどです。

旅行傷害保険について

ビューカードの旅行傷害保険

旅行傷害保険も海外・国内が付帯。
海外は無いに等しいレベルですが、国内は充実。
ホテルなどを個別に予約した場合は「改札に入ってから出るまで」が対象。
旅行パックなどは旅行中が対象になります。

このあたり、注意点が多いので公式HPにある規約を必ず確認ください。

まとめ

エスパルを少しでも利用する人は持っておこう。

WEB明細に登録すれば年会費は実質無料。
たまにしかエスパルで買わない人も持っておくと良い。
Suicaや切符でもお得なので、全く損はありません。

いざ買う時に無いと精神的に悪いため、
検討している人ならすぐ申し込んでおきたい。

その他ビューカードはこちらを。
ビューカードの種類と特典まとめ

2018年6月23日に申し込み停止。
JRE CARDに引継ぎされます。

エスパルカードの重大な注意点やメリット・特典などend
見てほしい