一流ブログ(仮)

さくらスタンダードとマネージドサーバーの違いとは?

同時アクセスの処理数比較

レンタルサーバー大手の「さくらインターネット」。
ここの「スタンダード」は初めて借りるには最適です。

が、間違いなく後に不満が出てくるだろう。
その流れでマネージドまで行きついた人が違いを説明します。
※最終的にはVPSになった。

この話しの前提

「マネージドって良いの?」と悩んでいる人向けの記事です。
高いから良いだろうと考えていれば、かなり危険。
最後は「見て良かった」と思うこと間違いなし。

さくらはレンサバ最大手

その最大手の最高級のレンサバが「マネージド」。
選ぶ理由の一つとして、その「信頼」があります。
他のレンサバ業者も、実はさくらを借りての再販だったりします。

さくらのスタンダードはpvアップを狙わないなら良い

さくらのスタンダードは、すぐダウン(503エラー)になる。
一人当たりの制限がきつく、ツイッターで紹介されたら即終了。
キャッシュプラグインを使ってもダメなことが多い。

したがって、SEOでぼちぼちアクセスを得るサイト向きです。
多くの人はこれに不満を持ち、次のサーバーを探します。

なぜさくらのスタンダードはダメなのか?

アクセスアップを狙っているサイトに使ってはいけない。
バズっても503エラーで大損失。
マッタリと運営するサイトにだけ使おう。

コスパが良いので、私もまだ使っています。
使い分けが大事。

さくらマネージドサーバーはさくら最高級のレンサバ

初回は年額約20万円。
スタンダードの40倍の値段となる。

こんなん借りたら無敵!と思いがちですが、値段ほどの驚きはない。
サーバーは良いのですが、ワードプレスに特化していないので、
処理速度的にはスタンダードよりも少し早い程度です。

さくらのスタンダードとマネージドの比較

CPUは何世代前だよ…というほど古いまま。
そろそろ新しくなる頃だと思います。
※マネージドは約3年前に借りた現行HDDプラン。

エックスサーバーは1世代前のCPUで良い。
ただ、その分利用人数も多めです。
さくらは性能で勝負していないのがよくわかる。

さくらマネージドサーバーの同時アクセス数

サーバーの性能やPHPの設定の差があり、
キャッシュ無しではエックスサーバーよりも劣る処理性能となっています。
キャッシュすれば、マネージドの方が強い。

サーバー独占というのは強く、
負荷対応力はエックスサーバーよりも上です。
かなりアクセス集中しても、怒られない。
サーバーがダウンするまで頑張ってくれます。

さくらのスタンダードとマネージドサーバーの違いまとめ

違いはほぼ、耐久力の差です。
スタンダードは同時アクセス10くらいで503エラーになります。
マネージドは処理待ちにはなりますが、エラーにはなりにくい。

処理速度も少し早いですが、
VPSに慣れると遅く感じます。
とても「凄く良い」とは言えない。

さくらのマネージドサーバーに向いているサイト

マネージドサーバーは企業サイトに向いていると思います。
レンタルでかつ専用サーバーなので、信頼度は抜群。
ダウンしたら困るようなサイトに使いたい。

この耐ダウン性を得るために高いお金を出す。
それがマネージドサーバー。

コスパ的には安いエックスサーバーの方が良いです。

さくらレンタルサーバーの他のプランはどうか?

ビジネスまで使ったことがありますが、
スタンダードとなんら変わらない503エラー回数…。
即解約した。(もちろん良くはなっていると思いますが)

スタンダードの次はマネージドを選びたい。

まとめ

マネージドは安定を求める存在。

コスパ的にはかなり悪いです。
アフィリエイトで使うならエックスサーバーで良い。
PHPの高速化に力を入れており、ワードプレス向きです。

自分はマネージドで長らくやっていましたが、
アクセス急増に全く耐えられず、VPSに移行しました。
そんなものです。

瞬間的なアクセス急増が多い人気ブログ運営者には向きません。
「高いから良い」ではないのがサーバー。
他のレンサバ業者も同じことが言えるので、気を付けたい。

--

以上、さくらスタンダードとマネージドサーバーの違いとは?でした。

記事ランダム

記事カテゴリ



記事ランダム

一流ブログ(仮)