一流ブログ(仮)

一流の人がワードプレスを使う場合のサーバーの選び方

503エラーだけを見てはいけない理由

本気でブログをやっていく場合、
良いレンタルサーバーを借りるのは当然。
そして、性能を理解して使うことが大事。

何の根拠もなく「ここ良いよ!」と書く素人記事ではなく、
サーバーの知識がある管理人がしっかり解説します。

ワードプレスのサーバー選び話しの前提

サーバーで悩む人はほぼ「ワードプレス」だろう。
メモ帳に手打ちで作る静的サイトは、安物サーバーでもほぼ問題ない。

そして、ワードプレスの場合はサーバーのセッティングが大事です。
したがって、高ければ良いってもんでもない。

月に数百円レベルのレンタルサーバーはダメ

月額数百円の安いサーバーはいろいろありますが、
総じてワードプレスが使えるようなものではない。
ちょっとアクセス集中したら終わります。

なぜ安物レンタルサーバーはダメなのか?

ポツポツと検索からアクセスがある程度なら、
ワードプレスでも安物レンサバで十分です。
ツイッターやテレビなどでアクセスが集中すると、安物はすぐダウン。

このチャンスを逃してはいけない。
このためだけに、高性能サーバーが必要です。

気を付けたいのが、
「503エラーの有無だけで判断しない」ということです。

503エラーだけを見てはいけない理由

503エラーというのは、「制限オーバー」です。
サーバーにて決められている制限があり、
その制限を超えての処理中断を意味します。

アクセス集中の際は処理速度が大事です。
いくら503エラーが発生しなくても、
10秒も待たせるようでは意味がない。

実際、どの程度処理できるのか?
これを見てください。

同時アクセスの処理数比較

唐突に「キャッシュ」という文字を出しましたが、
これはワードプレスの「キャッシュプラグイン」のことです。
「 WP Super Cache」が有名どころ(それを使いました)。

キャッシュをしないと、
さくらのマネージドサーバーでさえも1秒間に7人しか見られない。
同時アクセス100で、最後の方にクリックした人は14秒待ちです。
もしくは503エラー、タイムオーバーになる。

キャッシュをすると、なんとか耐えられる。
サーバーのスペックや制限の差が出てきます。
参考のVPSは後で説明します。

アクセスが集中したらこうなる

専用サーバーとなる「マネージド」は制限が無いに等しいので、
503エラーはほぼ起こらず、処理を継続します。
ここが「値段の差」です。

しかし、表示に10秒以上かかることになり、
多くのユーザーが離脱してしまいます。
最終的には接続タイムオーバーとなり表示されない。
したがって、「なんの意味もない」。

503エラーだけで判断してはいけない理由です。

レンサバではキャッシュが必須

レンサバでのキャッシュ無しでの高速処理は無理です。
デザインを犠牲にしてでも、
キャッシュしても問題ない構成にしよう。

動きのあるサイトや、PC・スマホでアドセンスの表示を変えるなど、
そんなことがしたいならVPSを使いたい。

おうすめのレンサバ

エックスサーバー」はレンサバとしては最高です。
スペックも高く、制限も緩め。

VPSなら「さくらのVPS」が良い。
老舗でかつ、評判も良く、会社としても信用できる。
仕様的には「conoha」の方が良いですが、新しいので心配…。

コスパ的に最強はVPS

間違いなくコスパ的にはVPSが一番良い。
ただし、サーバーを一から構築しないといけないので、
素人にはまず無理。理解しないとサーバー管理はできません。

サーバー起動直後からハッキングが始まるので、
知識がないとかなり危険。

ただ、ずっとやっていくつもりなら、
地道に勉強して、一年後には使えるようになっておきたい。

VPSとは

性能としてもレンサバよりはるかに良い。
そして、ワードプレスに特化したセッティングができるので、
レンサバとは処理性能の圧倒的な差が付く。

レンサバとは

レンサバはセッティング済みのサーバーのフォルダ(正確には公開ディレクトリの一部)を借りるもの。
100人以上が借りているので、一人が使い過ぎないよう制限が厳しい。
ただ、全てを管理してくれるので、運営は楽です。

管理人のさくらVPS構成

VPSはこのように複数台で処理を分散できます。
キャッシュを使わない動的サイトにするなら、
このレベルのサーバー構築は必要。

お金があるならさくらのクラウドなどが良いのですが、
VPSより何倍も高くなってしまう。
また、VPSでもこれ以上台数を増やすなら、専用サーバーが良いです。

まとめ

自分が運営するサイトに合わせたサーバー選びを。

どういった状況に対応したいか?です。
ツイッターで拡散を狙っているのに、
キャッシュ無しでエックスサーバーとか、
そんな馬鹿なことは止めたい。

稼げていない場合はキャッシュを利用できる内容にして、
エックスサーバーで運用するのが良いだろう。
それ以上はVPSが選択肢。根性でサーバーを覚えるべし。

なぜこのデザインなのか?
なぜこのサーバーなのか?
これを論理的に説明できるようしておこう。

--

以上、一流の人がワードプレスを使う場合のサーバーの選び方でした。

記事ランダム

記事カテゴリ



記事ランダム

一流ブログ(仮)