一流ブログ(仮)

スピーカーのレビューの見方と注意点

「これはいい音だ」

というのは当然ながら人それぞれ違います。
が、確実に言えるのは「素人の感想はあてにならない」ということ。
安物しか聴いていない人のレビューは見る価値無しです。

なぜ安物はダメなのか?

良い音を知ってから、ようやく「これは良い、悪い」と言えます。
良いスピーカーをずっと聴いていると耳が肥え、
安物なんて聴いていられなくなる。

安物は「無理して出している」ものが多く、
不自然な音であることが多い。

イチローならバットの良し悪しがわかるが、
素人には何もわからない。
スピーカーも同じです。

100人に違いがわかるか聞いてみた、という企画は無意味。

生楽器の音が本物

一番良い音は生楽器の音。そして会場の反響など。
これを基準にして考えたい。
しょせんはスピーカー。響きは各段に落ちる。

したがって、アコースティックギターやピアノなどをやっている人は、
「本当の響き」を知っているので、良し悪しの判断をしやすい。

楽器をやらない人はクラシックコンサートなど、
生楽器を聴いて、自然な低音の響きを知りたい。

常に生楽器の音を聴いている人はわずかだろう。
レビューはスピーカーの音しか知らない人が書いている方が多いはず。
上級者であれ、100%は信用できない。

最終的には好み

良い音とは?と突き詰めると、最後は「好み」になります。
クリアな音、こもった温かい音、ドンシャリな音、
一番気持ち良いと感じると音が「良い音」となる。

昔の大型スピーカーはこもった音が多い。
レコードと合わせると、温かく疲れない音で好きです。
音量を大きくして音圧を上げられるメリットもある。
BGM用途では最適だと思ってます。

最近のSONYなんかはドンシャリ。
ハイレゾ気分を強調しているのか、シャリシャリ鳴ります。
音量を上げられず、音圧を得られないのがデメリット。

レビューは「好みに合うか?」を確認するものです。

スピーカーのレビューは個性を見る

レビューでは「このスピーカーはどういう傾向か?」を確認したい。
素人のレビューはあてにしてはいけない。
様々なスピーカーの個性を聴いてきた上級者のレビューを読みたい。

それにて、おおよその「試聴リスト」を作れるだろう。
あとはヨドバシカメラなんかに行って、試聴して決める。

ワンランク上のスピーカーが欲しくなるのがオチですが・・・

安易におすすめしてはいけない

「初めてコンポ買ったけど、良かったです」なんてレビューは無責任過ぎる。

何が良いのか悪いのか、
そこを知らないでお勧めする行為は良くない。
上級者ほど特徴を伝えて「参考に」というレビューをします。

スピーカーのレビューの見方まとめ

抽象的なレビューは素人の可能性が高く、信じてはいけない。
論理的、比較で語るレビューはおおよそ信用して良い。

ただもちろん、「参考程度」です。
人ぞれぞれ好みも聴力も違う。
信じるものではなく参考にするもの。
それがスピーカーレビューの基本です。

--

以上、スピーカーのレビューの見方と注意点でした。