一流ブログ(仮)

「何もしたくない」病の根本的な対策とか

三日はやばい

「今日は何もしたくない・・」

まぁ、誰にでもたまにはあるものです。
しかし、これが続くようではちょっと危険。

原因と対策を。

原因がストレスの場合

もう寝る

これは特に問題ない。

気分が良くない時は何もやりたくないものです。
やらないといけないことも、気が乗らず手がつかない。
例えば、イライラしている時に、こんな記事は書けません。

ストレスの場合は寝たら治るので、「何もしない」が正解。

鬱の場合

一日一褒

鬱はまたちょっと違い、寝ても治りません。
逆に行動しないといけない。

何もしない=やるべきことをやらない=後悔、となる。
こうなると「何やってんだ自分・・・」とより鬱になります。
負の連鎖になり、鬱が悪化していく。

何でもいいので「やらないといけないことをやった」という気分にして、
「自分を褒める」ことが大事です。

一日一善のように、一日一褒を心がけたい。

根本的な対策

三日はやばい

「取り戻せない状況」にはしないことです。

取り戻せるなら、ちょっと頑張れば復帰できます。
例えば、学校を3か月休んだら、取り戻すのは難しい。
それにより「もうダメだ・・・」と鬱になる。

そして、それは強い後悔となり、自分を攻め続ける。
こうなると動けなくなり、「何もしたくない」となる。

ちょっと休むくらいは問題ないのですが、
取り戻せなくなるまで休むのは絶対にダメです。

もしもう取り戻しがつかない状況なら、
別のことで挽回することが対策となる。

挽回するために

キャーイチサーン

楽しく生きる方法はいくらでもある。

学校なんて行かなくても問題ない
実際、高卒で現場系の仕事をした方が稼ぎは良かったりする。

賢くない人は三流大卒に行くんじゃなくて、
高卒で仕事をする方が良いと考えています。
どうしても現場系の仕事が多くなりますが、
手に職を付ければ大卒より有利になることが多い。

高卒の方が楽しく暮らしている率が高い気がします。
女性は土方系は少ないですが、3K以外の工場は女性が中心。
パートの女性が日本を支えていると言っても過言ではないほどに。

現状に希望を持てないのなら、
こういった新たな道を進むのが一番です。

そして、一番大事なのは「明るく元気な人でいること」です。
暗い人に救いの手は来ない。
これは間違いなく言えること。

それだけで、人生は挽回できる。
とにかく、「明るいやっちゃな」と思われる人になれば、
あらゆる悩みは解決できます。

--

以上、「何もしたくない」病の根本的な対策とかでした。

記事ランダム

記事カテゴリ



記事ランダム

一流ブログ(仮)