一流ブログ(仮)

ただ一つ、人前で緊張しない方法とは?

自信ある人

緊張の対策はただ一つです。
そんな、人前で話すのが好きな私(一応社長)の独断と偏見を。

その前に、なぜ緊張するのか?

緊張する人

何が起こるかわからないから緊張する。

人間、緊張は不安要素がある時にするものです。
人前で緊張するのは不安があり、
「自信を持っていない」というのが原因。

ようは、「今は弱い人間」と感じているということです。

自信の無い人は暗記タイプ

暗記する人

話す内容を暗記し、完璧に話そうとする人がいます。
決めたことを話すことで頭がいっぱいで、
成功するかとドキドキ。不安だらけ=緊張、と。

自信のある人は論理を組み立てます。
何を聞かれてもいくらでも話せる状態にする。
全てを想定内にしておけば、不安などない。

テストで100点を取る学生のような考えではいけない。
論破して「ドヤ」となることを目指すものです。

本当は楽しい時間

発表する人

人前で話すのは楽しいです。
自分の考えを聴いてくれる素晴らしい機会。
仕事の中でも、楽しみな時間の一つです。

「俺は凄いんだ!俺の話しを聞け!」というレベルに達すると、
緊張はしなくなります。

プレゼンなんかは戦いです。
その戦いを楽しめるようになると一流。

面接は売り込みの場です。
売るのに緊張するのはありえないこと。

で、どうすれば良いのか?

自信ある人

人間として成長するしか直す方法はありません。

緊張しない方法は、実力ある人間になること。
緊張するのは実力がない証拠です。

「俺はできるやつだ」と自信を持てれば、
人前での話しはアピールの場になる。
最後に拍手喝采されると気持ちが良いものです。

ネット上には馬鹿げた対策方法を書いている人がいますが、
あんなの意識すると余計緊張すると思います。

たいてい、部長などできる人は人前で緊張しません。
エリートな人たちは発表を楽しんでます。

緊張する=低レベルな人間と思われます。
面接でも最悪の態度です。

「俺はできる人間と自信を持つ」

緊張の対策はそれだけだと考えたい。

--

以上、ただ一つ、人前で緊張しない方法とは?でした。

記事ランダム

記事カテゴリ



記事ランダム

一流ブログ(仮)